Animal Care

Animal Careアニマルケアの重要性

当社の生体豚は人道的に飼育される事をお約束します。その豚肉を皆様のご家庭にお届けしています。自社の獣医チーム、農場の従業員により豚ができうる限り健康的で居心地が良くなるよう、包括的なアニマルケアプログラムがあります。我々のゴールは皆様の食卓に安全で栄養豊かな、そして高品質の豚肉製品をお届けすることです。
当社は種豚/母豚/成育豚を自社所有する統合一貫生産システムを導入しており、自社農場、自社の屠畜加工工場で、最新/ベストな環境で豚肉生産にあたっています。

獣医監視システムVeterinary Oversight

当社の獣医チームはアニマルケアに関する決定ガイドラインを作り継続してケアプログラム改善対策をリードします。一例をあげると、2006年にすでに当社全農場において、針なし注射(注射針を使わずガス圧で注射を行う装置)の採用をしています。また、当社栄養士チームと協力して豚の成長段階に合わせた独自の飼料設計を行っています。
更には、各農場の豚群の疾病予防、治療管理をルーティン手順として管理しています。各農場の豚舎では理想的な環境で豚が成長できるよう維持管理も行なっています。

豚群の健康維持と病気蔓延対策Herd Health and Biosecurity

シーボードフーズでは健康な豚が安全な豚肉製品につながると考えています。当社では事細かな豚群の健康維持計画と病気蔓延対策を万全に講じることが、
健康な豚の成育と疾病感染拡大を防ぐ最大の対策であると考えます。厳格な獣医師の薬品管理、豚群の健康管理こそが安全な豚肉製品に直結するということです。

動物福祉モニタリングAnimal Welfare Monitoring

当社では訓練された自社従業員及び第三者機関による動物福祉モニタリングにより、適切なアニマルケアを施し安全で高品質な豚肉を確実に生産できるシステムを継続して行なっています。さらに、北米食肉協会(NAMI)、全国豚肉協会(NPB)、米国農務省(USDA)が制定した動物福祉基準に一つも違反しない厳格な自社基準を設けています。

アニマルケアトレーニングAnimal Care Training

シーボードフーズでは、最高の食品生産システムというのはその生産システムに携わる人々が何故、また何を行うのかをまず知るということが重要であると考えます。
したがって、当社従業員に対し様々なトレーニングプログラムを行なっています。そして毎年農場従業員には如何に人道的に豚を扱わなくてはならないかということをまず一番に教育行なっています。また、農場からトレーラートラックに豚を如何にストレスを与えず人道的に扱うかという点も厳格にトレーニングを行なっています。
このようなトレーニングを通じ当社自社農場から自社屠畜加工工場まで一貫して豚に対し安全で人道的にストレスが掛からず、健康維持されたままの状態で移動するというオペレーションが可能になります。

Contactお問い合わせ

各種お問い合わせはこちらから。
ご連絡をお待ちしております。